社員インタビューInterview

栄養部 管理栄養士/一ノ宮さん

2021年新卒入社

一ノ宮さん

栄養部 管理栄養士

患者さんにも多職種からも頼られる存在になりたい!

患者さんにも多職種からも頼られる存在になりたい!

大学時代、当院に臨地実習で訪れた際、多くの診療科があり
栄養相談などで入院・外来患者さんと関わる機会が多いことや
患者さんだけでなく他職種から栄養の知識を必要とされているなと感じ、
管理栄養士として成長できる環境だと思い、ここで働きたいと考えました。

また、先進的で高度な医療を提供しているため、
日々刺激を得られる環境に身をおけるのも魅力だと思います。

まだまだ勉強の毎日ではありますが、多くの経験を積み、知識を身に付け、
患者さん・他職種から安心・信頼して相談して貰える管理栄養士になりたいです!
多くの資格が医療施設での経験年数を満たしていることが受験条件となっているので、
日々勉強し、受験資格を得た時にはスキルアップのため資格を習得していきたいです。
患者さんの想いを尊重した指導を意識しています。

患者さんの想いを尊重した指導を意識しています。

現在、私は消化器内科と眼科の2つの病棟を担当しています。
主に、化学療法中の消化器癌患者さんの栄養管理や、
眼科周術期の血糖管理を必要とする患者さんの栄養相談などを行っています。

患者さんからはもちろん、他職種から相談される機会も多く、
栄養・食事が生活や治療に直結していることを実感します。
栄養管理や指導を行い、患者さんの栄養状態が改善し、全身状態が改善していることを
確認出来た時は、強いやりがいを感じ嬉しくなります。

また、「食」は生活から切っても切り離せないものであるため、
患者さんが大切にしている思いを汲み取る事が大切だと思っています。
「○○を食べないでください」と指導するのではなく、
「どうしたら○○を食べることが出来るか」を一緒に考え寄り添うことを大切にしています。
管理栄養士としての在り方を再認識しました◎

管理栄養士としての在り方を再認識しました◎

日々業務に取り組む中で、入院時は食欲不振で全く食べられなかった患者さんが、
元気に食事をとることができるようになって退院する姿を見るのは、
何度経験しても嬉しく、自信とやりがい、モチベーションアップに繋がります。

食欲不振の原因にアプローチした改善策を考え、その結果
「食べられるようになったよ!」と笑顔で報告してくれた時は嬉しさと同時に、
「食べる」ということが生きる力になっている感じ、すごく達成感があります!

以前、入院当初はなかなか心を開いてくれなかった患者さんを担当したことがあり、
話を聞くと「’管理栄養士=食事のダメ出しをしてくる存在」と思っていたということがありました。
患者さんの思いを傾聴し、意見を尊重することが重要だと気付かされると同時に、
私の中でこうありたいと考える管理栄養士の姿を確認出来る機会になりました。

退院直前には「一ノ宮さんに食事のことを相談したい」と名前を覚えてくれて、
食事の相談をしてくれたことは忘れられない経験となりました。

SNSでシェア

その他の医療サービス関連職に関連する求人票を見る
このエントリーをはてなブックマークに追加
8件掲載中 おしごと検索